私たちには、仕事を辞めると失業保険をもらう権利があります。 では、定年退職でも失業保険がもらえるのでしょうか? もらえないと思っている人も多いですが、結論からいうともらえます。 65歳未満で定年退職をした場合、通常通り失業保険をもらえるので、申請をしないともったいないです。 ただし、働く意思がある人限定ですから、この先はゆっくりと、仕事をせずに生活をしたいという人はもらうことができません。 あくまでも労働意欲がある人だけなので、注意してください。 また、65歳以上で定年退職した場合は、雇用保険加入対象外となるため、もらうことはできません。 しかし、65歳以上の場合は、失業保険ではなく、高年齢求職者給付金という名目で一時金を受け取ることができます。 どちらも自分で手続きをしないともらうことはできませんから、退職後すぐに必要書類を揃えて、ハローワークで申請を行ってください。 その際に、雇用保険被保険者証と離職票が非常に重要になるので、きちんと所有しているかどうか確認しましょう。